作業環境測定

特定化学物質(第一類・第二類)や有機溶剤などを取り扱う職場では、職場環境中の濃度測定を6ヵ月以内に1回実施することが法律で定められています(安衛法第65条)。

作業環境測定は作業環境測定士によって行われます。測定には、空気中の有害物質濃度の平均的な状態を把握するためのA測定、空気中濃度が最大になると考えられる場所と時間帯で実施するB測定があります。有害物質ごとに基準濃度が定められており、測定結果から管理区分を判断します。

  • 管理区分1 作業環境管理は良好である
  • 管理区分2 管理区分1に移行するように努める必要がある
  • 管理区分3 直ちに作業環境の改善が必要である

作業環境測定の結果、管理区分2・3の職場では、一緒に改善策・対応を考えています。

ホルムアルデヒドの身体への影響

人体へは、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こし、時には呼吸困難を生じます。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を起こします。
ヒトへの発癌性も指摘され、特定第2類物質に追加されています。

キシレンの身体への影響

眼や気道に対する刺激性を有し、高濃度曝露で、頭痛、嘔気、 一時的気分の高揚、昏睡、肺や肝臓などの臓器障害、時には死亡することがあります。

産業衛生活動
PAGE TOP