(ワクチンについて) ワクチン接種後、どのくらい期間をあけたら他のワクチンの接種を受けることができますか?

生ワクチンを接種した場合は、4週間以上の間隔をあける必要があります。
不活化ワクチン・トキソイドを接種した場合は、1週間以上の間隔をあけて下さい。

大学で接種を推奨しているワクチン
・生ワクチン:麻疹、風疹、水痘、ムンプスのワクチン
・不活化ワクチン:B型肝炎、インフルエンザのワクチン

B型肝炎ワクチンを接種する方で、生ワクチン接種の必要がある場合には、B型肝炎ワクチンの2回目接種の1週後から3回目接種の4週前までの間に実施すると大丈夫です。
ワクチン接種時期についてわからないことがあれば、接種前にご相談ください。
対象者別
PAGE TOP